スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

そらまどてらす


今日はさいたまモデルのソラマド部分をご紹介します。
こちらです
baruko1

大きさは3Mx4M(畳4枚分より少し広め)のソラマドです。
天気の良い日に空を眺めるとすごく気持ちがいいです。
これだけの大きさの「ソラマド」からはたくさんの光が入ります。

baruko2baruko3

上の2枚は、そらまどてらすの出入り口になる廊下と寝室から撮影した写真です。
そらまどてらすは外部を壁で囲っているので、外からの視線を気にせずに暮らせる空間です。

一般的なテラス(バルコニー)は「洗濯物を干す・布団を干す」だけの場所になりがち。
でも、この「そらまどてらす」はプライバシーを保ち、適度な広さがある「遊び・暮らす」ことのできる場所です。
日向ぼっこをしてもいいし、食事をしてもいいし、ビアガーデンにしてもいい。
全国の「そらまどの家」にはこの空間にお風呂をもってきて、露天風呂にしている方もいます。

そして、もう一つ重要なことがあります。
リビングやバルコニーに面した窓は、出入りのできる大きな掃出し窓をつけることが多いですが
8割以上の家でカーテンを閉めてしまいます。
「外から覗かれるから」という理由がほとんどだと思います。
採光のためだけなら、掃出し窓ではなくもっと違う計画の方が効率よくできます。
当社の計画の考え方としては「カーテンを閉めない窓」をできるだけお勧めしています。
ただ窓をつけるのではなく、窓のもつ機能「採光・通風・眺望」を上手に活かしたいですよね。
-------------------------------
「ソラマドの家」Saitama_Modelはいつでも内覧できます。
ご希望の方は事前にお問い合わせください。
 048-529-0600
 info@spino.jp

最初の住人?


先日さいたまモデルで、ある発見がありました。

キッチンの全景を撮ろうとデジカメを構えたとき、何か微妙な視線を感じたんです。

モデルハウスには私以外いないので変だな、と思いながらもパシャパシャと
撮影を続けていました。

少し見上げたアングルも欲しいと思いしゃがんだ時に分かりました。

・・・ずっと私を見ていたのが誰なのか



正体は彼でした   con1
その無表情な顔でぼーーーっと私を見て「何してんの」と言っている感じです。

負けじと私も「写真撮ってんだよ」と心でつぶやきました。


・・・しかし、どこかで見た顔だなぁとしばらく考えてみました。

あっ

私のツイッターのフォロワーさんと同じ顔だ。

「あぁ、こんなところからつぶやいてたんだ
「そんな訳ないだろ
と一人でボケとツッコミをしても彼は同じ表情でぼーーーっと見ているだけ

君がここの家の最初の住人かな(笑)

何となく彼で遊んでみました。
con2con5


片手で撮ったアングルのせいか、心なしか彼が視線を落として
「やめてよ」と言っている様にも見えます。(笑)

彼の本来の役目はまた明日

靴のつづき

昨日のシューズクロークのつづきです。

収納内部はこんな感じです

shoe3shoe4

棚板は可動式で高さ調節ができるようにつくりました。

掃除するときのことを考えて、下部収納は底板をつけていません。

底板があると玄関の床とシューズクロークのわずかな隙間をほうきで掃くことになるので
掃除のし辛さからこのようにしています。

背の高いブーツや長靴は一番下が使いやすいと思います。


ソラマドの家のシューズクロークはお施主様によって色々な形・デザインになっています。

このさいたまモデルは売り物なので、扉をつけた一般的なデザインにしましたが、
靴にこだわりのある方の中には扉をつけずに「飾る」方もいます。

靴って履いているときはあまり目線がいきませんが、脱いで置いてある時は
人目をひきますよね。

かわいい靴、かっこいい靴、汚い靴(笑)、収納の中に隠のではなく
見せて暮らすのもアリだと思います。

-------------------------------
「ソラマドの家」Saitama_Modelはいつでも内覧できます。
ご希望の方は事前にお問い合わせください。
 048-529-0600
 info@spino.jp

今日はシューズクロークを紹介します。


shoe1shoe2


既製品ではなく、大工さんが本体を作り扉を建具やさんが作ったものです。


扉の表面ははシナ合板です。

シナ合板は木目が薄く、色そのものも白いです。

壁に張ったりしてもすごくいい雰囲気がでます。


右の写真の丸い穴は、取っ手です。

正確には「取っ手」ではなく「掴み手」になるのかな

スッキリとシンプルに仕上げたシューズクロークでした

<<前のページ | ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。