スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

さんぽ

たまには地元熊谷市周辺の散策するのもいいかなと思い
紫陽花寺とも言われている能護(のうご)寺に行ってきました。  

久しぶりに晴れ間が見えた一日で、というか物凄く暑い日でした。
色とりどりの紫陽花たちもちょっとヘタレ気味(笑)
それでも鮮やかに咲き誇る紫陽花はとても綺麗でした。


nougo1nougo2
nougo3nougo4


内部は立ち入り禁止でしたが、鐘楼もありました。
nougo6nougo5

拝殿の外陣に上がれたので、上がってみました。
nougo8nougo7

樹種は分かりませんでしたが、硬木の床材を素足で歩くのはすごく気持ちが良かったです。
ソラマドの家で使う杉の無垢材も優しくて好きですがこの床材もいいですね。

神社仏閣の建築はたくさんの種類・形式があり、荘厳でかつ優美なものが多いです。
日本の建築の歴史上、外せないものです。

一方、地域の風土から生まれた民家の建築スタイルもあります。
質素でありながら、その地方々々の気候に適して選ばれた素材・工法。

今の日本の住宅建築は、これら伝統・風土的な文化を受け継がずに合理的な
手法が目立つ気がします。

ここ熊谷での地産地消スタイルを取り入れた「ソラマドの家」ができるといいなぁ。
スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。