スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

いろんなソラマド(6)

昨日の続きです。

珍しく同じタイトルで日記を書いていたら(番号)間違えてました。
う~ん、気を付けねば

さて、昨日ご紹介した「敷地内の外部空間」を道路から見たアングルがです。
yamaguchi13yamaguchi14

敷地の外側から見るとこんな風になっています。
車4台分位の駐車場になる予定です。
どうですか
この外観からだけでは中の様子は全くわかりませんよね。

ソラマドの家は必ずしも囲い込むようにする訳でもありません。
逆に開放する場合もあります。
近隣の状況、暮らす人の価値観、土地柄などで設計されます。

こちらの場所は住宅団地の一角にある分譲地です。
1区画60坪くらいの土地の広さなので、家を建てると
隣地とそれ程距離が取れません。

要するに隣の家の窓から自分の家の庭はもちろん、
場合によっては家の中まで見えてしまうこともあります。
そうなると必然的に窓にはカーテンを吊るして
ほとんど閉めっぱなし状態になります。

日差しが強いときなどに遮光するのはいいですが、
明かりを入れたいのに開けられないカーテンはもったいないですよね。

その点、こういう空間構成であれば廻りの視線を気にしなくていいので
カーテンを開けっ放しの窓にできます。

こちらは「ソラマドテラス」です。
yamaguchi15yamaguchi16

2階のバルコニー的なところです。
白く塗装された鉄骨の螺旋階段を昇っていくと
右手に大きなガラス窓があり、
そこからたくさん明かりが差し込んできます。
(写真左)

出入りするのは、部屋から。
広さにして3畳くらいのスペース。
拭き取り塗装で木目が見える程度に塗装された
無垢の杉床板。
外壁の白い塗り壁とのコントラストが美しいです。
(写真右)

ここはどんな使い方がいいかな~

--------------------------------------------------
さいたまモデルでパネル展&販売会を開催いたします。
いろいろな「ソラマドの家」を是非ご覧ください。

日時:6月18・19日(土・日)
時間:10:00~17:00
場所:さいたまモデル
地図:

大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
パンフはこちら

SPIイグティブ社㈱
〒360-0015
熊谷市肥塚697-3
 info@spino.jp
048-529-0600
 http://sora.spino.jp/
スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。