スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

今年の夏は猛暑?


今朝ラジオで今年の夏は暑くなりそうだ、と流れていました。

原発事故の影響で、夏場の計画停電は避けられないとも言われいてる中で
追い討ちをかけるように猛暑になるのかぁ、と思うと今から汗が出てきそうです。


さいたまモデルは「ソラマドの家」であり「空気が設計した家」でもあります。
「空気が設計した家」(SPI工法)は外断熱・自然通気工法の家です。


ここ最近は「住宅版エコポイント」の影響で断熱性能の高い住宅が増えてきました。
省エネの観点からは喜ばしいことなんですが、ちょっと懸念することもあります。

以前にも断熱の話で記事を書いたことがありますが、住宅の断熱性能を高めるというのは
人にたとえると「服を厚着する」ことになります。

当然、気温の下がる冬はたくさん服を着ているほうが暖かいです。
でも、夏は厚着をしたまま過ごすことになります。

家が汗だくになります。
そうならないようにするには、温度・湿度を下げたり換気をして空気を動かすしかありません。

手っ取り早いのはエアコンです。
エアコン(クーラー)は除湿もしているので最も効果的です。
それもそのはず、エアコンなどの冷暖房設備を効率よく使うための基準が
住宅版エコポイントの基準ですから。

しかし、ここでこの夏に計画停電が実施されたらどうでしょう?
震災直後と同様の停電時間だと2時間くらいエアコンが使えません。

こうなると「省エネの家」の方が暑くなる可能性があります。
「断熱性能が高い=熱が逃げにくい」ということだからです。

停電前にエアコンで室温が下がっていればいいのですが
留守などで閉め切った状態だと暑くて仕方がないと思います。

通風計画(気密性・経路・窓の位置など)がきちんとできていれば、
窓を開けて風を通すことができます。
ただ残念なことに通風計画されている住宅は少ないのが現実です。

-------------------------------
「ソラマドの家」Saitama_Modelはいつでも内覧できます。

「空気が設計した家」(SPI工法)はその名の通り、空気が流れるように設計します。
熊谷の暑い夏にこそ、その性能が体感できます。

ご希望の方は事前にお問い合わせください。
SPIイグティブ社 株式会社
 048-529-0600
 info@spino.jp
スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。