スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

そらまどてらす


今日はさいたまモデルのソラマド部分をご紹介します。
こちらです
baruko1

大きさは3Mx4M(畳4枚分より少し広め)のソラマドです。
天気の良い日に空を眺めるとすごく気持ちがいいです。
これだけの大きさの「ソラマド」からはたくさんの光が入ります。

baruko2baruko3

上の2枚は、そらまどてらすの出入り口になる廊下と寝室から撮影した写真です。
そらまどてらすは外部を壁で囲っているので、外からの視線を気にせずに暮らせる空間です。

一般的なテラス(バルコニー)は「洗濯物を干す・布団を干す」だけの場所になりがち。
でも、この「そらまどてらす」はプライバシーを保ち、適度な広さがある「遊び・暮らす」ことのできる場所です。
日向ぼっこをしてもいいし、食事をしてもいいし、ビアガーデンにしてもいい。
全国の「そらまどの家」にはこの空間にお風呂をもってきて、露天風呂にしている方もいます。

そして、もう一つ重要なことがあります。
リビングやバルコニーに面した窓は、出入りのできる大きな掃出し窓をつけることが多いですが
8割以上の家でカーテンを閉めてしまいます。
「外から覗かれるから」という理由がほとんどだと思います。
採光のためだけなら、掃出し窓ではなくもっと違う計画の方が効率よくできます。
当社の計画の考え方としては「カーテンを閉めない窓」をできるだけお勧めしています。
ただ窓をつけるのではなく、窓のもつ機能「採光・通風・眺望」を上手に活かしたいですよね。
-------------------------------
「ソラマドの家」Saitama_Modelはいつでも内覧できます。
ご希望の方は事前にお問い合わせください。
 048-529-0600
 info@spino.jp
スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。