スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告


昨日に引き続き「上棟」の様子です。(作業は昨日しています)


zyoutou5zyoutou6


みんな、かがんで何をしているんでしょうか?
お腹が痛いんです。

かがんでいるのは「ボルト」を取り付けているからです。

木造在来工法というのは、柱や梁に「仕口」や「継ぎ手」という仕掛けをつくって組んでいきます。

たくさんの組み方や基準がありますが、「蟻仕口」+「ボルト」で組むのことが多いです。

ちなみに写真では分かりにくいですが、作業場所の高さは3mを超えています。


zyoutou7zyoutou8


「ボルト」を締めて、床の水平を確認したら合板を敷いて作業性を良くします。

一昔前は2階の床にこのような合板は敷かずに上の作業をしていました。
(今でも使わないやり方もあります。)

ベテランの大工さんたちも、「床板が無くても上棟できるけど、あると安心して作業できるよ。」と言います。

建築工事というのは、高所での作業や刃物を使用したりと危険がたくさんあります。

まずは、安全第一ですよね。
スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。