スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

熊谷市の補助制度いろいろ

熊谷市の今年度対象になる住宅関連の補助制度を調べてみました。

「住宅の省エネ改修工事に伴う固定資産税の減額」
要件1.平成20年1月1日に存在する住宅であること
要件2.窓の改修工事を行い、工事費が30万円以上であること
     (床・壁・天井の断熱改修工事費を含めることができる)
減額される税金と期間:工事完了の翌年度分の固定資産税が1/3減額(120㎡分まで)
注意:工事完了後3ヶ月以内に申請すること

「住宅のバリアフリー改修に伴う固定資産税の減額」
要件1.平成19年1月1日に存在する住宅であること
要件2.廊下巾などの拡張・階段勾配の緩和・浴室や便所の改良・手摺の設置・段差の解消・引き戸への変更・床の滑り止め工事の自己負担分が30万円以上であること
要件3.65歳以上・要介護又は要支援者・しょうがい者のいずれかの方が居住する住宅であること
減額される税金と期間:工事完了の翌年度分の固定資産税が1/3減額(100㎡分まで)
注意:工事完了後3ヶ月以内に申請すること

「住宅の耐震改修に伴う固定資産税の減額」
要件1.昭和57年1月1日に存在する住宅
要件2.現行の耐震基準に適合する工事費30万円以上の改修工事であること
減額される税金と期間:工事完了の翌年度分~翌々年度分(工事完了時期により変わる)の固定資産税が1/2減額(120㎡分まで)
注意:工事完了後3ヶ月以内に申請すること

「新築家屋の軽減措置」
新築住宅の固定資産税は木造で3年分、RC構造などは5年分が1/2減額(120㎡分まで)

「高齢者等住宅資金の貸付」
要件1.熊谷市に1年以上住所を有していること
要件2.高齢者・しょうがい者が居住する住宅であること
要件3.市税の滞納が無く、返済能力その他の要件を満たすこと
貸付額など:200万円以内、無利息、返済期間10年以内

「勤労者住宅資金貸付」
要件:熊谷市内の勤労者で、住宅の新築・増改築・補修のための資金であること
貸付額など:有担保の場合:1000万円以内、変動金利1.865%
        無担保の場合:500万円以内、固定金利1.4%

「木造住宅無料簡易耐震診断実施制度」
昭和56年以前に建築された木造住宅は無料の簡易耐震診断を受けられます

「木造住宅耐震診断助成金交付制度」
対象:昭和56年5月以前に着工された木造住宅
要件:建築士による詳細な耐震診断を実施すること
助成金額:耐震診断費用の1/2(25000円以内)

「木造住宅耐震改修助成金交付制度」
対象:昭和56年5月以前に着工された木造住宅
要件:建築士による詳細な耐震診断を受けて、強度不足の指示により耐震改修をしたもの
助成金額:耐震改修費用の1/3(20万円まで)又は耐震シェルター等の設置費用の1/2(10万円まで)

「住宅用高効率給湯器設置費補助金」
要件1.熊谷市内の住宅に未使用の高効率給湯器(購入年月日が平成24年4月1日以降)を設置すること
要件2.市税の滞納がなく、違反建築物などが無いこと
要件3.6年以上設備を使用すること
要件4.設置費用が補助金額の10倍以上であること
補助額:エコキュート:20000円
     エコウィル:20000円
     エコジョーズ・エコフィール:10000円
     エネファーム:50000円
その他対応機種に色々要件があります

「住宅用太陽光発電システム設置費補助金」
要件1.熊谷市内の住宅に未使用の太陽光発電システムを設置し、電力会社との電力受給契約が平成24年4月1日以降であること
要件2.市税の滞納が無く、違反建築物などが無いこと
要件3.発電量が10kw未満であり、太陽電池モジュールが認定品であること
要件4.17年間以上設備を使用すること
補助額:発電量×25000円(100000円以内)
注意:上記二つの補助金は毎年予算枠に達しているので、年度途中で終了する可能性が高いです

と、住宅関連はこんなところでしょうか。
前年度と概ね同じですね。
せっかくですから、国・都道府県・市町村の補助制度を利用して賢く住宅を建てたいですよね。
スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。