スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

応急危険判定

一昨日、「応急危険判定士ネットワーク会議」出席してきました。

応急危険判定士は建築士の資格を有している人が任意で講習を受け登録するものです。
主な活動は大地震などが起きた後の建築物の応急的に安全性を調査することです。
「この建物はいつ倒壊してもおかしくない」「倒壊の可能性が高い」という建築物を調査して赤や黄色の張り紙をします。
マニュアル上は震災後直ちに県や各自治体からの要請を受けて調査することになっています。
より詳しい内容はコチラ応急危険判定士

そして、熊谷市では有事の際に迅速・円滑な活動を目的とするネットワークを組織して、年一回会議を開催しています。
残念ながら、全国的に熊谷市のようなネットワークを組織している自治体は少ないそうです。
私は今回で3~4回目の出席でした。(いい加減で済みません(笑))
毎回講師の方が実際の判定作業について講演をしてくれるのですが、今回はやはり、3.11の後ということもあり例年より参加者の話しを聴く姿勢が真剣に感じました。

興味深い話しはいくつかあったのですが、私が一番気になったのが「熊谷市における想定地震とその被害予想」でした。
H19年に埼玉県地震被害想定が調査され、その予想はこのようなものです。
深谷断層による地震
震度:6.3
マグニチュード:7.5
揺れによる被害:全壊数754棟、半壊数5,781棟
液状化被害:全壊数897棟、半壊数6,010棟
(揺れと液状化は一部重複しています)
というものです。
液状化は地域がある程度限定されますが、揺れによる全・半壊は市内全域です。
今日現在の熊谷市の全世帯数の約82,000世帯に対して全・半壊数が約6,300棟。
約7.6%の建築物に相当します。
全・半壊は上の応急危険判定で言うところの「赤」「黄」の判定物件です。
当然ながら、壁紙のひび割れやガラスの破損、建具開閉不良、水道管破裂、家具の転倒などは上記の数字の何倍にもなるでしょう。

埼玉県や群馬県などは災害の少ない地域と言われていますが、このような数字を見ると必ずしもそうとは言えませんね。
熊谷市では地震ハザードマップをHPで公開していますので、市内にお住まいの方・住もうと考えている方は一度確認しておくといいかも知れません。
熊谷市地震ハザードマップ
スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。