スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

補助金のはなし

住宅版エコポイント制度・フラット35Sの1%金利引下げの補助制度は予算消化のめどがたったので終了しました。

がしかし、第三次補正予算で復活するようです。

<住宅版エコポイント>
新築の場合は、被災地を除き最大30万ポイントが15万ポイントに縮小
リフォームは、引き続き最大30万ポイント+耐震改修や瑕疵保険利用で15万ポイント

新築は手薄くなり、リフォームは手厚くする傾向ですね。
省エネ性能や耐震性能のボトムアップを図ることは大変良いことです。

でも、この制度にはおかしなところがあると私は思います。

今回から追加になるリフォーム瑕疵保険もそうですが、実は第三者機関による検査・許可に費用がかかります。
エコポイントの場合で30,000~40,000円の手数料。
瑕疵保険の場合は検査と保険料で10万円前後。
書類作成、材料代・施工手間のアップもあります。

これらの費用+工事代金がかかる訳です。
どんな形にせよ、設計・施工会社はそのかかる費用を回収しなければなりません。
最終的にはお客様が負担することになります。

制度としては右へ倣えでハウスメーカーも工務店も「エコポイント対応」と宣伝せざるを得ません。
お客様も補助金を貰えるなら、と当然「エコポイント対応」を望まれます。

お客様も施工会社もメリットはもちろんあるのですが、本当のところは高い手数料を営業もせずに取れる
第三者機関(検査機関)ではないかと思います。
実際のところはよく分かりませんが、「(検査機関は全て)天下り先だ」と言う人も多いですし・・・。

<フラット35S>
当初5年間の金利を0.7%(被災地は1.0%)引き下げるようです。
そして平成12年度は引き下げ幅が0.5%の方向性。

適用基準は従来と同じようで、省エネ住宅や長期優良住宅にすることが必要です。
長期間の借り入れをする場合は、数パーセントの金利引下げでも
総支払い額で100万円以上のメリットがでます。

金利引下げのメリットは大きいですね。


こうした補助制度はタイミングが合えばできるだけ利用した方がいいと思います。
だって、自分で納めた税金が還付されるのが補助金なんですから(笑)
スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。