スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

風をよむ(4)

ここのところ、空がスッキリしません。
猛暑でなければエアコンの使用率は下がるので「節電」には好都合なのでしょうけど、熊谷の夏は暑くないとなんだか・・・。




今回も自立循環型住宅の風を取り入れる工夫について

これまでに、地域ごとに多く吹く風向き(卓越風)、建物が風を受けた場合の風の向き(風圧力の差)、取り込む風の温度について記事にしました。
そしてもう1ステップ風を取り入れるための方法を書きます。

風が家の中に入ってくる量は、開口(窓)面積で決まります。
大きければ大きいほど、たくさんの風が入ります。
また、大きい窓をとる場合と小さい窓を複数とる場合であっても、面積が同じであれば風の入る量は変わりません。
例えば、2㎡の窓を1箇所とる場合と0.5㎡の窓を4箇所とる場合でも風の入る量は同じになります。

では、下の図のような場合はどうなるでしょうwind3

理想は風上・風下に同程度の面積の窓を確保することですが、中々そうはいきません。
風上・風下で窓面積に差があるとどうなるかというと、
図のBの場合、風下の小さい窓に向かってゆっくりと広がるように風が入ります。
図のCの場合、風上の窓で速さを増して、強めの風になります。
外からの強い通風を望まない場合は、窓の大きさに注意が必要ですね。

「風をよむ」はここまでで終了です。
何か家づくりの参考になれば幸いです。

スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。