スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

省エネ住宅の目指すところとは

新築でも既存の住宅でも、家庭のエネルギー消費において、約30%を占めているのが暖冷房です。みなさんが求めている省エネ性能の高い住宅とは、この暖冷房に要するエネルギーの消費量をいかに抑えることのできるかという住宅のことです。冬においては、室内の温かい空気が外に逃げないこと、夏においては、室外からの熱が室内に侵入させないことだけで、少ない暖冷房エネルギーで快適に過ごすことができるようになります。そのため今までの既存住宅でも重要なのが、冬に熱を逃がさない「断熱の手法」と、夏に熱を侵入させない「日射遮蔽の手法」です。また、省エネルギー住宅は、エネルギー消費を抑えるだけではありません。「断熱」と「日射遮蔽」の手法により、①冬は「部屋の中の暖かい空気が逃げず、暖冷房をしても部屋内や部屋間の室温がほぼ均一の家」になる。②「北側の風呂もトイレも寒くなく、結露をしない家」になる。③夏は「室外からの熱気が入らずに涼しい家」「エアコンが弱運転でも良く効いて、朝・夕は風通しの良い家」が実現できるのです。つまり、新築でも既存の住宅でも冷暖房に要するエネルギーが少なくて済む家、それが「省エネルギー住宅」=「快適な住宅」であるといえます。もう一つは、省エネルギー住宅の基本は、家が長持ちすること。カビ・ダニ発生や構造材の腐朽の原因となったりする結露もなく、生活空間内の温度差も少なくなるので、ヒートショックによる健康被害も防止できます。つまり、その季節に応じて本当に暮らしやすい生活空間が作れる。それが「省エネ住宅」=「健康的な住宅」でもあることです。SPI工法はそれらを目標に造られています。でもSPI工法で言う、家の造り方が間違っていてはそれらを実現することはできません。機械だけに頼らず、自然をうまく取り入れた省エネ住宅を造りたい場合には、ぜひご相談ください。間取り図や具体的な設計図面等がある場合には、ぜひお気軽にご相談ください。
スポンサーサイト

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。