スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

メンテナンス

先日、「ソラマドの家」熊谷モデルハウスの定期メンテナンスをしてきました。

毎週、内部・外部共に目視で状態の確認はしているのですが
このモデルハウスはキューブ型で軒(屋根)が見えないデザインなので
たまに屋根に登って様子を見ないといけません。

120213 007_R120213 008_R
120213 009_R120213 010_R

屋根に登ってみると、予想に反して綺麗な状態でした。
この近くには雑木林も多く、落ち葉やゴミがそれなりに飛んできていると思っていました。
何せ、工事中に足場の上から廻りの家々を眺めると
落ち葉でいっぱいになっている雨樋のお宅が結構あったもので。

天窓の裏側は落ち葉一つ溜まっていませね。
唯一、内樋の一箇所だけ落ち葉が溜まっていました。
でもここは水上側なので現状では問題のないレベルでした。
水下側の集水桝は落ち葉もゴミもない綺麗な状態で
雨水をきちんと竪樋に流せるようになっています。

しかし、塵も積もれば・・・ですからちゃ~んと掃除しておきます。
実際の話しとして、こういった落ち葉を放置しておくと
風で飛んできた土が雨水で流されずに蓄積し
いづれコケや雑草が生えてきます。
そして、雨水を堰き止めるほどの量になると
壁や屋根の継ぎ手などに雨水が伝わって
雨漏りの原因となります。

このモデルハウスのような軒を見せないスタイルは
この点だけは注意しないといけません。
ただ、梯子で簡単に屋根に登ることができ
屋根も勾配が緩いので簡単に点検・清掃ができます。
年に1回程度こうした確認ができれば
屋根のメンテナンス点検はとてもやりやすいと言えますね。
スポンサーサイト

| ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。