スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

にわ


今朝は久しぶりに太陽の見える、清々しい朝になりました。
梅雨時の合間に見える青空はいつもより気持ちがいいですね。

今日は庭について。
この時期はなんといっても雨が多いので雑草がすくすくと育ちます。(笑)
もー、本当にうんざりするくらい雑草が元気です。

これから家を建てようとしている方は、マイホームの庭をどんな風にしたいですか
ガーデニングを楽しみたい、家庭菜園をしたい、芝を張って子供とサッカーしたい、・・・。
私が担当させていただいたお客様は大体こんな話しをしていました。

お引渡し後、定期点検やその他の用事でご訪問させて頂いたときに
「楽しそうにやってるな~」という感じで庭を拝見させていただきます。

「自分で作る野菜は美味しいですよ」とか「今度ミニゴールを買う予定」などなど。
家のコトも庭のコトも充実してるというのがよく伝わります。

でも、お引渡しから2~3年位過ぎたお客様のご訪問をすると
半分くらいの方の庭が荒れてます。
あれ?と思って話しを聞くと、
「手入れする暇がなくて・・・」とか「子供が大きくなったから使わない」というのが理由だったりします。
「実は虫が苦手で・・・」という奥様もいらっしゃいました。

何年経っても綺麗にされている方にお話しを伺うと、
「手入れはほぼ毎日やってますよ。好きだからできるんだけどね」
との事。

なるほどなぁ、と思ったのは私自身が庭の手入れをするようになってから。
犬を遊ばせる為に芝を広めにとり、植木はほとんどない庭。
新築後、2~3年はマメに雑草を取り、芝を刈っていました。

しかし、雑草は次第に根を張るようになり、仕事も忙しくなり手間を
かけられなくなった頃から、「う゛っ、こういう事か・・・」と理解しました(笑)
そんな拙宅の庭はこんな感じです
garden1garden2

左が手入れ前、右が手入れ後です。
15坪位の庭の手入れに半日はかかってます。
2週間位で左の状態になります。

子供がどこからともなく、たくさんタンポポを取ってきて綿毛を飛ばしまくって以来、
年々タンポポが増えてます。(

「庭でバーベキューしよう!」と毎年言っていますが、7年間1度もしてません。
「こ、今年こそは必ずやるぞ」と荒れた庭を眺めながら思う、今日この頃でした。

スポンサーサイト


春の天気は変わりやすいですね。

昨日まではポカポカしていて、昼下がりにはウトウトしそうな暖かさでしたが
今日は時々ゴロゴロと鳴りながら、朝からずっとシトシトと雨が降り続いています。

ようやくコートがいらないかなぁ、と思った矢先のこういう天気。
油断して薄着していると風邪ひいたりするんで気をつけねば。


家を設計する上で、必須の性能・機能というものがあります。
耐震性能であったり、耐風性能であったり、給水・給湯・排水設備などなどです。
当然のことながら、雨が漏らない・浸入しないことも必須です。
瑕疵(かし)担保責任という法律上の決まりもあります。

「家が家であるため」のこういう性能は当たり前に施工します。
でも、設計・施工の多くは「家」の部分までが多いです。

庭や駐車場の雨排水はあまり考慮されていないように感じます。
少量の雨ならば土に浸透していきますが(土の状態にもよりますが)、
ここ近年のスコールのような大雨に降られるとプール状態になります。

さいたまモデルではこんな施工をしました。


usui1usui2
usui3usui4

これは宅地内の雨排水用のものです。
グレーチング桝という穴あきの蓋にすることで、土が浸透しきれない雨水を
ここから排水できるようにしています。
特別な設備ではありませんし、これがあれば何も問題ないという訳では
ありませんが、大雨のときにはかなり役立ってくれます。

規模の大きい駐車場や公共建築物では、こういう宅地内の雨排水の
設計もされていますが、一般住宅ではどちらかといえば少ないです。

家が商品として扱われている為に、肝心の住んでからの「暮らし」の
部分については考慮されていない結果の一つかな、と思います。

雨排水だけではなく、その他にも「暮らし」の配慮が欠けているように
感じる家のつくりかたをたくさんみかけます。

「ソラマドの家」では『家という器』だけでなく『暮らし方』の部分についても
考えて設計・施工しています。

-----------------------
さいたまモデルハウス 完成しました。
事前にご連絡いただければいつでも内覧できます
お気軽にお問い合わせください。

お問合せ先は
SPIイグティブ社㈱
 048-529-0600
 info@spino.jp

デッキました


先日材料の下塗りしたウッドデッキが完成しました

デッキの組立は他の人と大工さんにお任せなので、いきなり完成です。


deck1deck3


本当は床だけでなく、手すりも造りたかったんですが
とりあえず床のみ・・・ということになりました。


外観的に普通のデッキです。
材料も普通のデッキです。

ですが、室内側からの景色はまた違うんです。
室内室外の広がりがあります。

この「ソラマドの家」は一般の住宅より少し小さい家です。
その小さい中にいろいろ詰め込むと凄く窮屈になります。
「狭さ」や「窮屈さ」を感じないように室内室外の広がりを取り入れています。

実際はこんな感じです





・・・あっ、写真取り忘れました

明日以降、またします

変更は早目にね♪


Saitama_Modelのオープンイベントまで2週間近くあるので、
ウッドデッキをつくることになりました。

建物本体を建築中の時から、「この空間にはデッキが必要だなぁ」と感じていたので
社内的に提案を出していたのがOKになったんです。

全てが私の希望通りではないのですが、まぁ良しとしましょう


材料を買ってきたので、デッキを組み立てる前に下塗り塗装をしました。

dekki1
dekki2


組み立てる前だと材料全体を塗装できます。
組み立てた後では表面以外は手が届く範囲までしか塗装できないので
木の耐久性を考えるとやはり先に塗装がいいです。

薄い材料だと、クセがついて反りが出ることもありますが
後は大工さんにお任せです。

塗っては乾かし、ひっくり返し、塗っては・・・とやっていたら1日が終わりました。

dekki3


「終わった~」と思っていたら

『プラン変えたから材料もう少し必要になった。追加の材料買っといてね。』とがありました。

私「・・・明日やります。」

そう、時間はまだあるんだからゆっくりやるさ

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。