スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

シゴかれた一日

今日はたっぷりとシゴかれました。

ガリガリ、ガリガリっとシゴかれました。

何の話かって

外壁の左官仕上のことです。
言葉より、動画で説明します
[広告] VPS

[広告] VPS


そとん壁の仕上塗りの様子です。
最初に平らに塗りつけて、乾き具合を見ながら発泡スチロールでシゴいていきます。
そとん壁の「スチロコテ仕上」という仕上方法です。

塗り壁のおもしろいところは、仕上方法により色々な表情を出せることだと思います。
ツルツルに仕上げたり、コテ目を出したり、櫛引き模様を付けたり、色々あります。

このそとん壁は下塗り材には目の細かい火山灰が多く含まれ、仕上げ材には軽石が含まれているそうです。
「スチロコテ仕上」ではシゴくことでその軽石が落ちたり、動いたりすることで模様ができます。
ザラザラっとした感じになるのがイイ感じです。

もうそろそろ足場が外れるので、全景画像もできるようになります。
まぁ、実物とは見え方は違いますので、ご興味のある方は完成後に是非足を運んでください。
スポンサーサイト

真っ白


先日の壁塗り大会で塗りきれなかった壁を職人さんに塗ってもらいました。


kabe01kabe02


こんな感じで、真っ白な仕上がりになりました

接写ではないですが、上の写真のどちらが壁塗りで素人が塗ったか分かりますか

左側の写真の部屋を一般の方に塗ってもらいました。

パッと見た感じでは分かりませんよね


今回はモデルハウスなので、職人さんにもお願いしましたが「ソラマドの家」は基本はお施主さん達で全て塗ってもらいます。

私も参加してみて実感しましたが、塗りつけ方は難しいです。

時間もかかります。

でも、楽しいです

モデルハウスなんだけど、ちょっと自分の家のような愛着が湧いてきています。(笑)

現場監督をしていて、売るのがもったいないという初めての感覚を覚えつつあります。


完成までもう少し

見た目以上に難しいんです。

2月に突入しました。
もうじき上棟から3カ月になります。

まぁ、暮れとお正月がありましたので正味2.5カ月です。
壁塗りイベントも決まりましたので、ペースをあげないといけません。


今日も昨日に引き続き外壁の左官工事の様子をお伝えします。

外壁のそとん壁は「下塗り」と「上塗り」の2工程になります。
まずは「下塗り」をご覧あれ!
[広告] VPS


簡単に塗っているように見えますが、難しいです。
熟練の左官職人だからこそ、手早く塗りつけていますが
私(=素人)がやると全然できません。
職人仕事は簡単に見えるものほどこそ、奥が深く難しかったりします。


家づくりにはたくさんの職人さんが携わっています。
しかし、その仕事ぶりを見れることは多くありません。

「ソラマドの家」の内装壁塗りは「参加する家づくり」の一環でおこなっています。
他にもウッドデッキやキッチンカウンターなど木部の塗装をしてもらうこともあります。
危険な作業や難しい作業は当然プロの職人さんにお願いしますが、
比較的簡単(こういう表現は相応しくないですが)な作業は参加をお勧めしています。

完成品を買うのではなく、自分たちも家づくりに参加してみたい・・・
そんな価値観をお持ちの方は「ソラマドの家」がピッタリです

産地直送?!


ここのところかなり寒いです。

熊谷市は「暑さ」をウリにしているところがありますが、
普通に冬は寒いです。

ポツンと建っている建物なんかだと、遮るものがないので北風がもの凄いです。


しかし、寒さにマケズニ工事は進んでいます。


今日から外壁の塗り壁工事が始まりました。
仕上がりのイメージはそとん壁

この塗り壁材は、九州南部のシラスからできています。
シラスとは簡単に言うと火山灰です。(この表現はメーカーさんに怒られるかな?

全国のソラマドの家ではよく使用しているそうで、記念すべき埼玉の1棟目ということもあり
ちょっと割高ですが使うことにしました。

私自身も施工するのは初めてなので、色々と驚くことがありました。
それが

soton1soton2

これは材料の入っている袋なんですが、ナント!「私が造りました」スタンプが
最近のスーパーなどで「この野菜を育てたのは私です」的な写真とかありますけど、
それと同じノリなんでしょうね。

建築資材でこの手の表示は初めてだったので、材料確認しているときに「え~!!」て感じでした。

産地直送野菜ならぬ、産地直送資材でした

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。