スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

バッテン


本日は構造の話をちょこっとだけします。


一般的な木造住宅は、柱と梁で構造が成り立っています。

でも、柱と梁だけでは地震や台風などに耐えきれません。

そこで「耐力壁」というものが必要になります。

この「耐力壁」というのは、読んで字のごとく”耐える力をもった壁”です。

地震や台風などに負けないように頑張ってくれています。

色々な種類がありますが、施工性や価格性などもあり比較的使用されるのが

suzi2suzi1

このの木材は「筋交い」というものです。

写真では斜めの木材を対称にいれてあるのでになっていますが、片方向だけの時もあります。


この「斜め」がイイんです。

「筋交い」とはいいませんが、木造以外の建築物にもこの「斜め」がたくさんあります。

体育館、駅のホーム、立体駐車場、東京タワー・・・などなど。

身近なところにたくさんの「斜め」とがきっとあるハズです。
スポンサーサイト

テンマド?ソラマド?


ようやく更新できました

ここ何日か現場が忙しくて、日記を書く余力が残りませんでした。

基本的には毎日更新したいんですけどね・・・。


さてさて、コレは何だかわかりますか


topw1topw2


これだけでわかる方はなかなかいないハズです。

これがになります。


topw3topw4


もうわかりましたよね。

「天窓」です。

SPI工法には「天窓」が必須なんです。

その理由は追々ご説明していきましょう。

右の写真の穴もちょっとした秘密がありますが、また後ほど・・・。

ドドンと完了


まさかの、上棟の続きです。
(12/9の作業です)

写真だけでは、どうやって組んでいるのか分かりづらいでしょうからこちらを

[広告] VPS


このようにレッカーで梁材を吊りあげて柱の「ホゾ」を梁の「ホゾ穴」に差し込んでいくんです。

いつ見てても鳶職人はすごいなぁと思います。

まだ不安定で、揺れる梁の上をスタスタと歩きトントン、カンカンと「かけや」を振るうんですから。

そういえば、以前鉄骨の建物をつくっているときの鳶職人さんは

『高ければ高いほど面白い。超高層ビルのてっぺんで仕事してみたいよ』と言ってました。

見てる方が怖そうですけど・・・。







zyoutou9zyoutou10
zyoutou11zyoutou12
zyoutou13zyoutou14
zyoutou15


ちょっと面倒になってきたんで残りの写真を一挙に公開

基本的な作業は階が上になっても同じです。

柱を建てて、梁を組んで、床を貼っていきます。

最上階は、屋根下地用の床をつくります。


写真には写っていませんが、屋根の断熱材をちょこっと貼るところで当日の作業は終了しました。

明日からは構造関係のことをしていきます。


昨日に引き続き「上棟」の様子です。(作業は昨日しています)


zyoutou5zyoutou6


みんな、かがんで何をしているんでしょうか?
お腹が痛いんです。

かがんでいるのは「ボルト」を取り付けているからです。

木造在来工法というのは、柱や梁に「仕口」や「継ぎ手」という仕掛けをつくって組んでいきます。

たくさんの組み方や基準がありますが、「蟻仕口」+「ボルト」で組むのことが多いです。

ちなみに写真では分かりにくいですが、作業場所の高さは3mを超えています。


zyoutou7zyoutou8


「ボルト」を締めて、床の水平を確認したら合板を敷いて作業性を良くします。

一昔前は2階の床にこのような合板は敷かずに上の作業をしていました。
(今でも使わないやり方もあります。)

ベテランの大工さんたちも、「床板が無くても上棟できるけど、あると安心して作業できるよ。」と言います。

建築工事というのは、高所での作業や刃物を使用したりと危険がたくさんあります。

まずは、安全第一ですよね。

トントン、カンカン


上棟です!!


zyoutou1zyoutou2


まずは1階の柱から建てます。
「ホゾ」といって柱が土台に差しこめるように加工してあるので、写真のように手でグリグリして入れます。
入りにくい時は「かけや」という大きなトンカチでトントン叩きます。



zyoutou3zyoutou4


柱が建て終わると梁をかけていきます。
梁にも土台と同じように「ホゾ」があるので柱が差し込むかたちになります。
同様に「かけや」でトントン、カンカン叩きます。

鉄骨の螺旋階段も本日建てこみました。
赤い色は錆止めの塗料の色なので、仕上がりとは違う色です。


たくさん写真があるので、続きは明日以降へ・・・

| ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。