スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

今も成長中


ついに基礎工事終了しました。


kisokan1kisokan2



外周部の青いのは断熱材です。

断熱材のところに見える丸いのは基礎ダンパーです。

ここは建物内の空気の入口の一つとなります。

開いたり、閉じたり、季節により操作をします。



これで工事としては終了なのですが、実はコンクリートはまだ成長中なんです。

4週強度といって、コンクリートの強度は打設4週間後の強度で設計します。


要するに今は、ジワァーと基礎のコンクリートが固くなっているということです。

もちろん、強度が出る途中だからといって人が乗ったり土台などの材料を載せても問題はありません。

今の時点で表面はカチカチですから、壊そうと思っても人力じゃ無理なくらいです。
スポンサーサイト

荒打ちコンコン

今週も引き続き基礎工事です。

といっても、明日で終了予定ではありますが。


は玄関土間のコンクリート打設前の状態です。


doma1doma2


左の写真はコンクリートの下地になる砕石です。

平らになっているのは、右の写真の「プレート」で転圧して締め固めたからです。

転圧の状況を撮影しようとおもったのですが、時すでに遅く終わってました。

この後枠を組みたててコンクリートをドボドボとまた打設しておしまいです。


仕上方法により変わってきますが、だいたい玄関のコンクリートは「荒打ち」といって下地として打設することが多いです。

荒打ちした後に、タイルを貼ったり、モルタルで押さえてツルツルにしたり、舗装用チップを塗りつけたりします。

Saitama_Modelも玄関は金コテ押さえなので、下地の荒打ちです。

ネコ押し


本日は、基礎の立ち上がりコンクリート打設しました。

ネコ押しでやりました。

忙しかったので、猫の手を借りたんです。
建築や土木の業界で「ネコ」といったら、一輪車のことを言います。


tati1tati2


必ずネコ押しするわけではないのですが、ソラマドの家はシンプルな基礎なので一輪車でスイスイと動けるんです。

ゴチャゴチャしている基礎だとネコ押しが大変です。

ちなみに枠の中に見える青っぽいのは断熱材です。



tati3tati4


チョコチョコと見える棒はアンカーボルトです。

このアンカーボルトで土台を固定します。

基礎工事もいよいよ終盤になってきました。

12月に入れば、いよいよ木工事編に突入です。


基礎断熱するんです。


日記更新をちょっぴりサボっちゃいました。

すみません。


・・・今日は立上りのコンクリートを打設する為の型枠組立です。


katawaku1katawaku2


作業途中で撮影したのでまだお見せできませんが、建物の外周部には断熱材を付設します。

「基礎断熱」という断熱工法です。


コンクリートは非常に熱を伝えやすいので、きちんと断熱しておくと効果的です。


北面や日の当らないコンクリートを手で触ると夏はヒンヤリ感じますが、冬は冷たいですよね?

だから「基礎断熱」するんです。


「夏はヒンヤリ」と上で書きましたけど、直射日光が当たっているとヒンヤリどころかヤケドしそうなくらい暑いですよね。

だから「基礎断熱」するんです。(しつこい

・・・まぁ、今日はこの辺で。

明日はまた型枠の中にドボドボとコンクリートを打設します。




コンクリート打設!


今日は朝からコンクリートを打設しました。

基礎工事としては、全部で2回打ちます。


「地鎮祭」のときに神主さんから貰った「鎮物」も忘れずにちゃんと入れました


slab1slab2


ポンプ車からコンクリートがドボドボと打ちこまれて、「トンボ」という道具でコンクリートを均一にします。

そして、金コテで押さえて終了です。

コテ押さえの様子をでどうぞ(ちょっと距離があるので分かりにくいかもです)。

[広告] VPS



slab3slab4


今はまだ柔らかいコンクリートですが、ゆっくりと強度がでて固くなっていきます。

| ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。