スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

熊谷市の補助制度いろいろ

熊谷市の今年度対象になる住宅関連の補助制度を調べてみました。

「住宅の省エネ改修工事に伴う固定資産税の減額」
要件1.平成20年1月1日に存在する住宅であること
要件2.窓の改修工事を行い、工事費が30万円以上であること
     (床・壁・天井の断熱改修工事費を含めることができる)
減額される税金と期間:工事完了の翌年度分の固定資産税が1/3減額(120㎡分まで)
注意:工事完了後3ヶ月以内に申請すること

「住宅のバリアフリー改修に伴う固定資産税の減額」
要件1.平成19年1月1日に存在する住宅であること
要件2.廊下巾などの拡張・階段勾配の緩和・浴室や便所の改良・手摺の設置・段差の解消・引き戸への変更・床の滑り止め工事の自己負担分が30万円以上であること
要件3.65歳以上・要介護又は要支援者・しょうがい者のいずれかの方が居住する住宅であること
減額される税金と期間:工事完了の翌年度分の固定資産税が1/3減額(100㎡分まで)
注意:工事完了後3ヶ月以内に申請すること

「住宅の耐震改修に伴う固定資産税の減額」
要件1.昭和57年1月1日に存在する住宅
要件2.現行の耐震基準に適合する工事費30万円以上の改修工事であること
減額される税金と期間:工事完了の翌年度分~翌々年度分(工事完了時期により変わる)の固定資産税が1/2減額(120㎡分まで)
注意:工事完了後3ヶ月以内に申請すること

「新築家屋の軽減措置」
新築住宅の固定資産税は木造で3年分、RC構造などは5年分が1/2減額(120㎡分まで)

「高齢者等住宅資金の貸付」
要件1.熊谷市に1年以上住所を有していること
要件2.高齢者・しょうがい者が居住する住宅であること
要件3.市税の滞納が無く、返済能力その他の要件を満たすこと
貸付額など:200万円以内、無利息、返済期間10年以内

「勤労者住宅資金貸付」
要件:熊谷市内の勤労者で、住宅の新築・増改築・補修のための資金であること
貸付額など:有担保の場合:1000万円以内、変動金利1.865%
        無担保の場合:500万円以内、固定金利1.4%

「木造住宅無料簡易耐震診断実施制度」
昭和56年以前に建築された木造住宅は無料の簡易耐震診断を受けられます

「木造住宅耐震診断助成金交付制度」
対象:昭和56年5月以前に着工された木造住宅
要件:建築士による詳細な耐震診断を実施すること
助成金額:耐震診断費用の1/2(25000円以内)

「木造住宅耐震改修助成金交付制度」
対象:昭和56年5月以前に着工された木造住宅
要件:建築士による詳細な耐震診断を受けて、強度不足の指示により耐震改修をしたもの
助成金額:耐震改修費用の1/3(20万円まで)又は耐震シェルター等の設置費用の1/2(10万円まで)

「住宅用高効率給湯器設置費補助金」
要件1.熊谷市内の住宅に未使用の高効率給湯器(購入年月日が平成24年4月1日以降)を設置すること
要件2.市税の滞納がなく、違反建築物などが無いこと
要件3.6年以上設備を使用すること
要件4.設置費用が補助金額の10倍以上であること
補助額:エコキュート:20000円
     エコウィル:20000円
     エコジョーズ・エコフィール:10000円
     エネファーム:50000円
その他対応機種に色々要件があります

「住宅用太陽光発電システム設置費補助金」
要件1.熊谷市内の住宅に未使用の太陽光発電システムを設置し、電力会社との電力受給契約が平成24年4月1日以降であること
要件2.市税の滞納が無く、違反建築物などが無いこと
要件3.発電量が10kw未満であり、太陽電池モジュールが認定品であること
要件4.17年間以上設備を使用すること
補助額:発電量×25000円(100000円以内)
注意:上記二つの補助金は毎年予算枠に達しているので、年度途中で終了する可能性が高いです

と、住宅関連はこんなところでしょうか。
前年度と概ね同じですね。
せっかくですから、国・都道府県・市町村の補助制度を利用して賢く住宅を建てたいですよね。
スポンサーサイト

地域ブランド化事業

今回も補助金関係のお話しを。

皆さんは「長期優良住宅」という言葉を耳にしたことがありますか
これは耐震性や省エネ性など一定の基準を満たした住宅なんです。
建前としては、「100年以上住める住宅」なので「100年住宅」とも言われます。
ハウスメーカーの多くは「長期優良住宅対応!」みたいな宣伝をしていますね。

耐震性や省エネ性を高めるので、当然ながら一般的な家よりコストがかかります。
何より認定を取得するためにもの凄い量の設計図書が必要になります。
実のところ、耐震性や省エネ性を上げていくのは施工上難しいことはあまりありません。
材料の質であったり、量が増えるだけなんです。(厳密には設計上の制約もありますけど)
材料・施工費のアップと設計料のアップが結構な金額になりがちです。

そこで、国が補助金を出して「長期優良住宅」を普及させようとしているのです。
エコポイントとは違い、施工する工務店に要件がありました。
『年間50棟未満の施工規模』の工務店のみ該当という内容です。
要するに、ハウスメーカーや地域の大きい建築会社は該当しないのです。
町場の工務店に「長期優良住宅」の基準の家を作らせたいからなのでしょうね。

ところが、この制度(H23年度は「木の家整備事業」という名称でした)がH24年度から
大きく変わるのです
その名も「地域ブランド化事業」・・・。
(長期優良住宅関係の補助制度は毎年名称が変わっています
ただでさえ、目まぐるしく毎年新旧の制度内容が変わるというのに、制度名称までは変えて欲しくないです
あっ、大きく変わるのは名前だけではないんです(笑)

今年度からは「グループ」で申請しないといけないのです。
グループというのは、
・工務店
・設計事務所
・建材流通業者
・木材調達関係 などなど
最低でも20社近くの集まりになります。(ひぇ~
そして、「地域」に根ざした住宅を供給しなければいけないのです!
更に、期間内に応募して国交省の審査を受け、認可を受けないといけないのです!!

う~ん、ハードルが高そうですね。。。

といいつつも、この事業応募には参加します。
採択されるかどうかはまだわかりませんが、この事業形態は今後数年続くそうなので
乗り遅れる訳にはいきませんからね

地域補助金いろいろ

大分更新できてませんでした
1日サボるとズルズルとほったらかしになってしまうのが私の悪い癖です
食べ物ネタは更新しやすいのですけど、グルメ日記になってしまいますからね(笑)
「忙しい」は口にせずに更新せねば

さて、今回は住宅・不動産関連の補助金についてまとめてみました。
一般的な「エコポイント」や「長期優良住宅」、「太陽光発電」などではなく地域の補助制度です。
時期的に年度末なので、予算終了しているもの、来年度も継続するのか、などこのタイミングでまとめることに意味があるのか・・・
と、思いながらも来年度早々にまた調べてまとめますのでご安心を
では、早速

<熊谷市>
・住宅の省エネ改修工事に伴う固定資産税の軽減
窓の省エネ改修など行った場合、床面積120㎡分の固定資産税が翌年のみ1/3に軽減されます
・住宅のバリアフリー改修工事に伴う固定資産税の軽減
高齢者や障害者が居住する住宅のバリアフリー改修工事を行った場合、床面積100㎡分の固定資産税が翌年のみ1/3に軽減されます
・住宅の耐震改修に伴う固定資産税の軽減
昭和57年1月1日以前から居住する住宅を耐震改修した場合、床面積120㎡分の固定資産税が1/2に軽減されます(工事時期により1~2年分軽減)
※ちなみに、新築住宅の場合は床面積120㎡分の固定資産税が3年間、1/2に軽減されます

・高齢者等住宅整備資金の貸付
高齢者や障害者と居住する方に無利息で200万円までの貸付をしています(詳細要件が色々とあります)
・勤労者住宅資金貸付
市内で勤労している方の住宅資金として、無担保又は有担保での貸付制度です

・木造住宅無料簡易耐震診断実施制度
昭和56年以前の木造住宅に対して無料の簡易耐震診断をしてもらえます
・木造住宅耐震診断・耐震改修助成金交付制度
昭和56年5月31日以前に着工した木造住宅に耐震改修等を行う場合、一定の補助があります(詳細要件が色々あります)

・高効率給湯器設置費補助金
エコキュートやエコジョーズなどの高効率給湯器を設置した場合、機器により一定額の補助金がもらえます
・住宅用太陽光発電システム設置費補助金
太陽光発電システムを設置した場合、発電量に応じて一定額の補助金がもらえます(H23年度分は予算終了しています)
・電気自動車用充電設備情勢事業補助金
電気自動車の充電設備を設置した場合、一定額の補助金がもらえます(募集は締め切りのようです)

・生ごみ処理容器などの補助
生ごみ処理容器を購入する場合、機器により一定額の補助金がもらえます
・合併浄化槽設置費補助
単独浄化槽や汲み取り式から合併浄化槽に入れ替える場合、指定された地域内であれば一定額の補助金がもらえます
・合併浄化槽維持管理費補助
住宅の合併浄化槽の維持管理費用の一部を補助してもらえます

と、住宅関連のものはこんなところでしょうか。
結構ありました~。
上手く制度を活用できれば、お得になりますね
別記事で近隣市町村の補助制度もまとめていくことにします。

上記はかなり要約しています。また、冒頭で述べたように終了しているものもありますのでご注意ください。

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。