スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

中古物件紹介

 中古一戸建て物件のご紹介 

----概要---------------
|                             
| 物件名:南入曽 中古戸建            
| 価格:1460万円
| 交通:西武新宿線「入曽駅」徒歩15分
| 所在地:埼玉県狭山市大字南入曽
| 土地面積:101.31㎡(約30.64坪)
| 私道面積:139㎡(持分1/10)
| 建物面積:1階 43.06㎡
|        2階 37.26㎡
|        合計 80.32㎡(約24.29坪)
| 間取り:3LDK
| 築年月日:昭和54年8月
| 都市計画:市街化調整区域
| 用途地域:無指定
| 建ぺい率:50%
| 容積率:100%
| 設備:公営水道、本下水、個別PG
|
---------------------

111227 001_R111227 002_R
111227 003_R111227 005_R

築年数結構ありますが、丁寧に住まわれてメンテナンスもしっかりされている亮物件です。
平成22年に外壁・屋根の塗装、居室窓のペアガラスに変更もしてあります。
現在まだお住まい中なので、内装の写真は載せられないのが残念なくらい綺麗な物件

内覧ご希望の方はお気軽にご連絡ください。

 SPIイグティブ社㈱
 〒360-0015
 熊谷市肥塚697-3
 048-529-0600
 info@spino.jp
スポンサーサイト

柿沼売地

売地情報更新です。
111215 001_R111215 002_R
価   格:250万円
土地面積:115.89㎡(35.05坪)
物件所在:熊谷市柿沼
近隣交通:JR高崎線「熊谷駅」まで4.9km
権利種別:所有権
取引形態:売主
都市計画:市街化調整区域
用途地域:無指定
建ぺい率:70%
容積率  :164%
その他  :都市計画法34条12号の開発要件と同様の申請が必要
       :建築条件付

北西角地の物件です。
小さい土地ですが、なんと言っても価格が魅力的ではないでしょうか
売主物件なので、仲介手数料もかかりません
詳細内容を希望の方は下記までお問い合わせください

ライフラボさいたま/SPIイグティブ社㈱
360-0015 熊谷市肥塚697-3
048-529-0600
info@spino.jp

研修旅行(2)

~研修旅行二日目~

飛騨の里 茅葺き合掌造り
111028 017_R111028 020_R

飛騨地方の江戸時代前後の農村民家を再現・移築・復元しています。

茅葺きの民家と榑(クレ)葺きの民家がたくさんありました。
茅葺きの厚さはおよそ30cm以上
雪深いこの地方ではこの厚さで冬の寒さを凌いでいたのですね。
榑(クレ)とはサクラやナラやクリの丸太を木目にそって割り、
均等の厚さ・長さにそろえたものを屋根材として葺くものです。
高価な陶器瓦は農村では使えないため、このような技術が生まれたようです。
榑葺き石置き屋根 車田 
111028 019_R111028 021_R
右のま~るい田んぼは車田(くるまだ)というこの地方独特の稲作方法。
田んぼの中心に杭を打ち、そこから円を描くようにま~るく苗を植えていくそうです。
なぜこのような方法が生み出されたのかは、よく分かっていないそうです。
一説では伊勢神宮に奉納するお米を作っていたため
神事的な方法として起こったのではないかと言われています。

一棟一棟の民家に「○○家」とかつての所有者の名前が付けられていました。
その中でもと思ったのがコチラ。
『八月一日家』
なんて読むか分かりますか
正解は『ほづみ』
(空白部分をドラッグすると読めます)

同業種の方々との交流や中部地方の宿場町・古民家を訪ねる有意義な旅行になりました。

研修旅行

10月26・27日の二日間、宅建組合の研修旅行に参加してきました。

コースは中央道から妻籠~馬籠と中山道の宿場町を巡り
飛騨・高山の里を抜けて、長野道経由で熊谷まで戻りました。

こちらは妻籠宿の町並み
111028 001_R111028 002_R
切妻造りの平屋で軒先から破風板を下げて取り付けた家が特徴でした。
緩い勾配屋根は板葺き石置き屋根。
板が風で飛ばないように石を重しにしています。
勾配が緩いのは石が転げ落ちないためと雪下ろしの時の安全性を考えてのことだそうです。

続いて馬籠宿の町並みと周辺の景色
111028 007_R111028 005_R
111028 008_R111028 009_R
妻籠と違いかなりの坂道でした。
そこに敷き詰められた石畳と家々の土留めとしての石垣が印象的な町。
坂道なので、時折建物の間から見事な景色も望めます。
町並みは所々補修の跡があり、アルミサッシが付いていたり、サイディングが張ってある建物もありました。
妻籠に比べ馬籠はその傾向が強いように感じました。
でも、町並みから少し離れた田畑・山々の景色は
何百年も変わってないのかな、と思える眺めでした。


売地情報

本日は売地情報を。

場所は熊谷市江南中央3丁目、そう「さいたまモデル」と同じ場所です。

まずは区画図
kounan.png

全部で6区画の分譲地です。
既に3区画終了しました。
そして現況はこんな感じです。
③区画
110704 003_R110704 002_R

④区画
110704 010_R110704 009_R

ここの場所は、スーパー・小学校・病院・ドラッグストア・銀行などに徒歩で10分圏内の好立地です。
駅まではバスか車になりますが、バス停までやはり徒歩10分圏内です。
道路も広々6mの幅員があります。
是非一度ごらんください。

その他詳細はお問い合わせください。
SPIイグティブ社㈱
〒360-0015
熊谷市肥塚697-3
 info@spino.jp
048-529-0600
 http://sora.spino.jp/



| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。