スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

省エネ住宅の目指すところとは

新築でも既存の住宅でも、家庭のエネルギー消費において、約30%を占めているのが暖冷房です。みなさんが求めている省エネ性能の高い住宅とは、この暖冷房に要するエネルギーの消費量をいかに抑えることのできるかという住宅のことです。冬においては、室内の温かい空気が外に逃げないこと、夏においては、室外からの熱が室内に侵入させないことだけで、少ない暖冷房エネルギーで快適に過ごすことができるようになります。そのため今までの既存住宅でも重要なのが、冬に熱を逃がさない「断熱の手法」と、夏に熱を侵入させない「日射遮蔽の手法」です。また、省エネルギー住宅は、エネルギー消費を抑えるだけではありません。「断熱」と「日射遮蔽」の手法により、①冬は「部屋の中の暖かい空気が逃げず、暖冷房をしても部屋内や部屋間の室温がほぼ均一の家」になる。②「北側の風呂もトイレも寒くなく、結露をしない家」になる。③夏は「室外からの熱気が入らずに涼しい家」「エアコンが弱運転でも良く効いて、朝・夕は風通しの良い家」が実現できるのです。つまり、新築でも既存の住宅でも冷暖房に要するエネルギーが少なくて済む家、それが「省エネルギー住宅」=「快適な住宅」であるといえます。もう一つは、省エネルギー住宅の基本は、家が長持ちすること。カビ・ダニ発生や構造材の腐朽の原因となったりする結露もなく、生活空間内の温度差も少なくなるので、ヒートショックによる健康被害も防止できます。つまり、その季節に応じて本当に暮らしやすい生活空間が作れる。それが「省エネ住宅」=「健康的な住宅」でもあることです。SPI工法はそれらを目標に造られています。でもSPI工法で言う、家の造り方が間違っていてはそれらを実現することはできません。機械だけに頼らず、自然をうまく取り入れた省エネ住宅を造りたい場合には、ぜひご相談ください。間取り図や具体的な設計図面等がある場合には、ぜひお気軽にご相談ください。
スポンサーサイト

熊谷市の補助制度いろいろ

熊谷市の今年度対象になる住宅関連の補助制度を調べてみました。

「住宅の省エネ改修工事に伴う固定資産税の減額」
要件1.平成20年1月1日に存在する住宅であること
要件2.窓の改修工事を行い、工事費が30万円以上であること
     (床・壁・天井の断熱改修工事費を含めることができる)
減額される税金と期間:工事完了の翌年度分の固定資産税が1/3減額(120㎡分まで)
注意:工事完了後3ヶ月以内に申請すること

「住宅のバリアフリー改修に伴う固定資産税の減額」
要件1.平成19年1月1日に存在する住宅であること
要件2.廊下巾などの拡張・階段勾配の緩和・浴室や便所の改良・手摺の設置・段差の解消・引き戸への変更・床の滑り止め工事の自己負担分が30万円以上であること
要件3.65歳以上・要介護又は要支援者・しょうがい者のいずれかの方が居住する住宅であること
減額される税金と期間:工事完了の翌年度分の固定資産税が1/3減額(100㎡分まで)
注意:工事完了後3ヶ月以内に申請すること

「住宅の耐震改修に伴う固定資産税の減額」
要件1.昭和57年1月1日に存在する住宅
要件2.現行の耐震基準に適合する工事費30万円以上の改修工事であること
減額される税金と期間:工事完了の翌年度分~翌々年度分(工事完了時期により変わる)の固定資産税が1/2減額(120㎡分まで)
注意:工事完了後3ヶ月以内に申請すること

「新築家屋の軽減措置」
新築住宅の固定資産税は木造で3年分、RC構造などは5年分が1/2減額(120㎡分まで)

「高齢者等住宅資金の貸付」
要件1.熊谷市に1年以上住所を有していること
要件2.高齢者・しょうがい者が居住する住宅であること
要件3.市税の滞納が無く、返済能力その他の要件を満たすこと
貸付額など:200万円以内、無利息、返済期間10年以内

「勤労者住宅資金貸付」
要件:熊谷市内の勤労者で、住宅の新築・増改築・補修のための資金であること
貸付額など:有担保の場合:1000万円以内、変動金利1.865%
        無担保の場合:500万円以内、固定金利1.4%

「木造住宅無料簡易耐震診断実施制度」
昭和56年以前に建築された木造住宅は無料の簡易耐震診断を受けられます

「木造住宅耐震診断助成金交付制度」
対象:昭和56年5月以前に着工された木造住宅
要件:建築士による詳細な耐震診断を実施すること
助成金額:耐震診断費用の1/2(25000円以内)

「木造住宅耐震改修助成金交付制度」
対象:昭和56年5月以前に着工された木造住宅
要件:建築士による詳細な耐震診断を受けて、強度不足の指示により耐震改修をしたもの
助成金額:耐震改修費用の1/3(20万円まで)又は耐震シェルター等の設置費用の1/2(10万円まで)

「住宅用高効率給湯器設置費補助金」
要件1.熊谷市内の住宅に未使用の高効率給湯器(購入年月日が平成24年4月1日以降)を設置すること
要件2.市税の滞納がなく、違反建築物などが無いこと
要件3.6年以上設備を使用すること
要件4.設置費用が補助金額の10倍以上であること
補助額:エコキュート:20000円
     エコウィル:20000円
     エコジョーズ・エコフィール:10000円
     エネファーム:50000円
その他対応機種に色々要件があります

「住宅用太陽光発電システム設置費補助金」
要件1.熊谷市内の住宅に未使用の太陽光発電システムを設置し、電力会社との電力受給契約が平成24年4月1日以降であること
要件2.市税の滞納が無く、違反建築物などが無いこと
要件3.発電量が10kw未満であり、太陽電池モジュールが認定品であること
要件4.17年間以上設備を使用すること
補助額:発電量×25000円(100000円以内)
注意:上記二つの補助金は毎年予算枠に達しているので、年度途中で終了する可能性が高いです

と、住宅関連はこんなところでしょうか。
前年度と概ね同じですね。
せっかくですから、国・都道府県・市町村の補助制度を利用して賢く住宅を建てたいですよね。

大人のブロック遊び

グーグルで色々な建築家の作品画像を眺めていたところ、ちょっと意外なものを発見しました。
レゴ アーキテクチャー
うわぁあの建築家たちの作品がレゴブロックになってる
f_house.jpgso_house.jpg
r_house1.jpgw_house.jpg

ミース・ファン・デル・ローエのファンズワース邸、ヨーン・ウッツォンのシドニー・オペラハウス
フランク・ロイド・ライトのロビー邸、なんとホワイトハウスまでも
スターウォーズやパイレーツとかの映画のレゴはおもちゃ売り場で見かけるので知っていましたけど、
建築家シリーズは知りませんでしたよ

「大人のレゴブロック」という感じですねぇ
・・・値段も中々「大人」な感じですけど(笑)
日本の建築物ならまだしも、海外の建築物を観に行く機会はそうそうありません。
写真は書籍やWebで簡単に目にすることができても3次元でデザインを捉えることはできません。
そういった意味では、これは模型に近いものですよね。
というか、建物の上の方はもうブロックと言えないような感じです。

元祖ソラマドの家、鉤流さんの家がレゴブロックになったら面白いかも知れませんね

忍城 春の陣

今年の秋公開の映画「のぼうの城」は熊谷市のお隣、行田市の忍城のお話。
石田三成を総大将とする豊臣軍 VS でくのぼうと呼ばれる忍城主
2万人対500人という圧倒的な戦力差でありながら「のぼう様」は勝利したそうです。
有名な水攻めシーンなどがあるため、震災の影響を考慮して公開を見合わせていました。
それが、いよいよ公開になります

昨日は、そのPRイベントが行田市で行われていました。
行田市には、忍城おもてなし甲冑隊という方々がいます。
忍城関係のイベントでは殺陣を披露したり、一緒に記念撮影してくれたりしてます。
この忍城おもてなし甲冑隊だけでなく、全国からもPRイベントに参戦していました。
上越おもてなし武将隊
奥州仙台おもてなし集団 伊達武将隊
あいち戦国姫隊

1000人収容の行田市産業文化会館でのイベントは立ち見が出るほどの盛況ぶり
最前列には、タレントの追っ駆け並の熱狂的なファンがいち早く席を確保していました(笑)
(事実、上越や仙台から見に来ている人もいたようです)
120319 001_R120319 002_R
120319 003_R120319 005_R
120319 006_R120319 007_R
120319 008_R120319 009_R
う~ん、間の悪い私はいつもこういう時デジカメを忘れてしまします
逆光&iphoneの程度の悪いズームなのでスッカリぼやけた写真になってしまいました
おもてなし隊のみなさん、場馴れしているようでMCで結構な笑いをとってました。
いい意味で期待を裏切ってくれたので、楽しめました。

一番最後のは、行田B級グルメの一つ、ゼリーフライバーガー
ゼリーフライというのは、おからとジャガイモをベースに小判型にして揚げて、ソースで味を付けたコロッケのような食べ物。
決してプルルンっとしたゼリーを揚げた食べ物ではありません(笑)

熊谷市も地域を盛り上げられるイベントをドンドンやって欲しいですね

地域ブランド化事業

今回も補助金関係のお話しを。

皆さんは「長期優良住宅」という言葉を耳にしたことがありますか
これは耐震性や省エネ性など一定の基準を満たした住宅なんです。
建前としては、「100年以上住める住宅」なので「100年住宅」とも言われます。
ハウスメーカーの多くは「長期優良住宅対応!」みたいな宣伝をしていますね。

耐震性や省エネ性を高めるので、当然ながら一般的な家よりコストがかかります。
何より認定を取得するためにもの凄い量の設計図書が必要になります。
実のところ、耐震性や省エネ性を上げていくのは施工上難しいことはあまりありません。
材料の質であったり、量が増えるだけなんです。(厳密には設計上の制約もありますけど)
材料・施工費のアップと設計料のアップが結構な金額になりがちです。

そこで、国が補助金を出して「長期優良住宅」を普及させようとしているのです。
エコポイントとは違い、施工する工務店に要件がありました。
『年間50棟未満の施工規模』の工務店のみ該当という内容です。
要するに、ハウスメーカーや地域の大きい建築会社は該当しないのです。
町場の工務店に「長期優良住宅」の基準の家を作らせたいからなのでしょうね。

ところが、この制度(H23年度は「木の家整備事業」という名称でした)がH24年度から
大きく変わるのです
その名も「地域ブランド化事業」・・・。
(長期優良住宅関係の補助制度は毎年名称が変わっています
ただでさえ、目まぐるしく毎年新旧の制度内容が変わるというのに、制度名称までは変えて欲しくないです
あっ、大きく変わるのは名前だけではないんです(笑)

今年度からは「グループ」で申請しないといけないのです。
グループというのは、
・工務店
・設計事務所
・建材流通業者
・木材調達関係 などなど
最低でも20社近くの集まりになります。(ひぇ~
そして、「地域」に根ざした住宅を供給しなければいけないのです!
更に、期間内に応募して国交省の審査を受け、認可を受けないといけないのです!!

う~ん、ハードルが高そうですね。。。

といいつつも、この事業応募には参加します。
採択されるかどうかはまだわかりませんが、この事業形態は今後数年続くそうなので
乗り遅れる訳にはいきませんからね

| ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。